MENU

転職のリスクを最大限に抑えてくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントを活用しよう

転職エージェントとは?

転職、就職を考えた時、良く聞くのが転職エージェントという言葉です。これは一体何をしてくれる所なのでしょうか。

エージェント会社
転職エージェントとは?

『職業紹介事業所』が正しい名称です。
厚生労働大臣から認可を受けた斡旋を目的とした会社の事をいいます。

利用料は無料

『人材紹介会社』『人材バンク』と呼ばれる転職エージェント。
コンサルタント、コンシェルジュと呼ばれる転職に関する知識が豊富な専門家がマンツーマンでアドバイスをしてくれます。

転職希望者の様々な就職活動を無料でサポートするのが仕事です。
転職エージェントを利用すると、自分で就職先を探すよりも合理的に会社を見つけてもらえます。

サービス内容

転職希望者のキャリア、能力、適性を客観的に見極めて、その人にあった会社を選んで紹介してくれます。
採用されやすい職務経歴書の書き方、面接合格に向けての指導、年収交渉など転職希望者とまさに二人三脚で就職のサポートをします。
秘書の様にエントリーシートのチェックをしてくれたり、マネージャーの様に条件交渉をするなど、きめ細やかなサービスをしてくれますから、転職エージェントを利用すると就職活動がスムーズに行きます。

利用するメリット

転職エージェントは、それぞれ外資系企業、IT企業専門といった専門分野に特化した会社があります。
自分が就職したい業種に強い転職エージェントを利用すれば、自分に合う会社を沢山紹介してもらうことができますし、求人情報誌には掲載されない非公開求人を紹介して貰える場合もあります。

またこれまでの経歴を徹底的に、ブラッシュアップしてくれますから、自分の強みやアピールすべきポイントを教えて貰う事もできます。

エントリーシートのチェック

転職エージェントはそれぞれ独自の大企業との太いパイプを持っています。
その会社の事を知り尽くし、人事担当者から、このような人材が欲しいと依頼されています。
転職希望者が1人で就職活動をするよりも、企業とタイアップしている転職エージェントと一緒に活動した方が合理的です。
転職にはリスクが伴います。そのリスクを最大限に抑えてくれるのが転職エージェントなのです。

デメリット

エージェント会社によって、得意不得意があります。
専門分野がありますから、自分に合ったエージェント会社を見極める必要があります。
また、自分の担当になったコンサルタントの能力に当たりはずれがあったり、コンシェルジュと自分の相性が合わない場合もあります。
エージェント会社に依存しすぎはよくありません。使い方は自分次第だと思った方が良いでしょう。

吹き出しイメージ

いかがですか。最近はエージェントを使って転職活動をする人が増えています。
自分で探すより効率的に会社を見つけアドバイスしてくれますから、エージェントを知らずに転職活動するのはとてももったいないと言えるでしょう。
ぜひ、あなたも転職エージェントを利用してみて下さい。