MENU

アプリ開発の技術を身につけて、年収アップを狙おう!

アプリ開発に必要な技術を学ぶには

アプリ開発を学ぶ方法

アプリ開発

アプリの開発は世界規模で広まっています。

面白いアプリに国境はありません。
プロの技術者だからといって面白いアプリができるわけではなく、面白いアイディアを形にした人の勝ちです。

「アイディアはあるけど、技術が伴わない…。」という悔しい思いをしている人は、やはり専門的な知識を学んだ方が確実です。

専門知識を身につけるには、大学、専門学校で学ぶ他に、実際に企業で経験を積む方法もあります。

国が補助金を出してくれる

東京都では、「若年者就職支援サポート事業」を展開しています。
それに伴いパソナやリクルートでは毎月の様に説明会を開き、就職支援の手伝いやサポートをしてくれます。

アプリ開発を勉強したい場合、
「キャリアアップ助成金」という国が補助金を出して社員のキャリアアップを促進する制度を使っている会社で働いていれば、
費用をかけずに知識を学ぶ事が出来ます。

キャリアアップ助成金について

https://www.hellowork.go.jp/onestop/12AN001140002.html

ハローワークを利用しよう

全然技術がない、でもアプリ開発がしたい、という場合、ハローワークに相談してみましょう。

就労支援の一環として、モバイル関連の企業への就職を斡旋してくれるサービスがあります。
支度金や年齢、職歴にもよりますが、現在では特にニート支援が充実しています。

この事業に参加して要件を満たした場合には、
実習1日あたり5千円の「キャリア習得奨励金」を実習終了後に支給してもらえます。

若い人はお金を貰えてアプリ開発の勉強が出来るチャンスです。

若者正社員チャレンジ事業

http://www.tokyoshigoto.jp/category1_wakamono.php

専門学校に行こう

専門学校

今はSNSの開発に従事する人はまだまだ少ないのが現状です。

その分野に特化した専門学校で勉強しましょう。

専門学校は即戦力となる人材育成に熱心で、講師のほとんどが実際にアプリ開発の第一線で活躍している人材を登用しています。
熱心な生徒は講師のコネで会社に就職できたり、弟子入りできるかも知れません。

人間関係と情報を得るなら専門学校に行くのが一番おすすめの方法です。
プログラミングやシステム開発、サーバー・ネットワーク、スマホアプリ・ゲームデザインを学べます。

Winスクール

http://www.winschool.jp/guidance/program/