MENU

Javaスキルは、アプリケーション制作の基盤といえるでしょう。

Javaスキルを身につけるためには

Javaスキル

Androidアプリ作成にかかせないのがJavaスキルです。
Javaはモバイルアプリ、ゲーム開発、Webシステムコンテンツなどといった、ほぼすべてのネットワークに対応しています。

アプリケーション制作の基盤といえるでしょう。これらのアプリケーション開発をする人間にとって、Javaスキルはなくてはならないスキルです。

スキルの積み上げ
Javaスキルに必要なもの

Androidモバイルは必須ですが、環境的にはWindowsでもMacでも対応しています。
Javaの特徴はOSにかかわらず実行できる事です。

Javaのソフトウェアには、Webブラウザー上で動作するJavaアプレットと、単体で動作するJavaアプリケーションの2種類がありますから、どちらも使える環境を用意する事が大切です。

Javaスキルの習得にかかる期間

データの処理をオブジェクトにまとめて部品として扱い、その部品の組み合わせでシステム全体を構築していくのがJavaのプログラミングの特徴です。

慣れればそんなに難しくない様ですが、やはり、基礎が全くできていない、ワードやエクセル程度の知識しかない人にとっては、まさにチンプンカンプンの世界でしょう。

習得にかかる期間は人それぞれですが、専門にJavaスキルを身につけるスクールによると、習得するのに最短で4週間、最長で5ヶ月と言われています。

Java公認資格

IT関連の資格の中で、特にJavaに特化した資格が、「Javaプログラミング能力認定試験」です。民間資格ですが、誰でも受験可能で、難易度的にもそんなに難しくありません。

アプリ開発の会社に就職する場合、この資格は取得しておいた方が良いでしょう。
合格率は平成24年度平均で65,7%。
1~3級に分かれていますから、自分の能力に合わせてスキルアップが可能です。

この資格と「C言語プログラミング能力認定試験」を合わせて取得しておくと、アプリ開発はモバイルに関係なく出来るようになります。

Javaスキル習得後の就職先・収入

Webサイト、システム開発の会社は勿論、ゲーム、スマホアプリ関連事業まで、幅広く就職先は広がっています。

給料は、Webプロデューサーやデザイナーなら月給25万円以上プログラマーなら月給30万円以上が平均相場です。

実績を重ねれば年収アップは可能な分野ですから、自分のやる気次第ではどんどん収入アップが見込める職種です。

幅広い転職
吹き出しイメージ

PHPやJavaサーブレットを用いたプログラム経験があるならWebプロデューサーやデザイナー、プログラマーとして働く事ができます。