MENU

IT資格の中でも国家資格を狙って取得しておくと良いでしょう。

実務経験を積んでアプリプロデューサーを目指そう

アプリプロデューサー

iPhoneやAndroidなどのスマートフォンアプリの開発は、数人程度の小規模なチームで開発を行う事がしばしばあります。

プログラミングの技術力は勿論ですが、プランナーとしてのセンスやクリエイティビティが求められます。チームのアイデアをうまくまとめ、企画からプランニングまで行うのがアプリプロデューサーの仕事です。

吹き出しイメージ

アプリの立ち上げから運用まで全てのフェーズに携わる仕事なので、実務経験を積んでから目指す方が確実でしょう。

複数タスクをこなす オラクルマスター
アプリプロデューサーに必要言語

アプリプロデューサーにはマルチなタスクが求められます。
iPhoneの場合はC言語の1種であるObjective-Cを使い、開発環境としてはAppleのXcodeを使う事が多いようです。
AndroidのプログラミングはJavaであり、EclipseなどのJava用IDEを使いこなす事は必須です。
Windows Phoneの場合、開発言語にC#とVisual Basicが採用されています。

アプリプロデューサーに必要なもの

LinuxやUNIX環境が整っている、技術的には、PHPやPerl、Javaなどのオープン系開発環境が整っている場所が必要です。
Windows、Mac、その他モバイルツールは全て揃っていた方がベターです。

アプリプロデューサーになるまでの期間

アプリ開発、ゲームの開発に関わった実績+エースエンジニアとして技術的なスキルを磨く経験も大切です。
プロデューサーとしてプロジェクトを管理する能力も必要です。
マーケティング能力マネジメント能力も大切ですから、現場での経験は5年は欲しい所です。

アプリプロデューサーに求められる資格

ITパスポート試験難関と言われるネットワークスペシャリスト試験データベーススペシャリスト試験オラクルマスター 等に挑戦しておくと、転職する時に報奨金が支払われる事があります。

年収アップにもつながりますから、IT資格の中でも国家資格を狙って取得しておくと良いでしょう。
実績経験を積んだアプリプロデューサーなら、そんなに難しくはないはずです。

スキル習得後の就職先・収入

今一番ホットで業界から引く手数多なのがアプリプロデューサーです。
アプリ開発会社、モバイルゲーム関連会社、SNSサービス会社など、就職先には困らないでしょう。

そして20代でも高い年収が期待できるのがアプリプロデューサーという業種です。
Webシステム全般の知識を持っていれば20代の未経験者でも400万円台モバイルアプリの開発経験が数年あれば20代で600万円以上いくはずです。

ヒットゲームの制作に関わった実績があれば、1000万円も夢ではありません。