MENU

エンジニアの世界は、学歴よりも経験の長さが重要視されるのが特徴です。

経験を活かせるアプリ開発エンジニアの給料の相場

アプリ開発の給料相場

アプリ開発エンジニアの給料相場は、経験によって変わります。

20代で400万円代が多いのが特徴です。

ガッツポーズ
A社
  • 年収486万円・27歳
  • 年収540万円・33歳
W社
  • 年収580万円・28歳 ディレクター経験5年
  • 年収430万円・27歳 ディレクター経験2年
I社
  • 年収400万円・25歳 デザイナー
  • 年収600万円・30歳 デザイナー
M社
  • 年収500万円・29歳 経験3年
  • 年収640万円・32歳 経験2年
C社
  • 年収450万円・27歳 プログラマー
  • 年収720万円・34歳 システムエンジニア

勿論年齢に関わらず持っているスキル次第ではもっと年収のアップも見込めるかもしれませんが、エンジニアにとっては給料よりもそこで学べる仕事内容の方が重要だったりしますから、自分の能力を高められる職場を最優先で選ぶ事が大切です。

経験が浅い人でもしっかりサポートしてくれる、資格を取る為の協力体制が整っているなど、
給料以外のメリットにも注目しましょう。

今後クラウドがますます台頭していけば、海外技術者と仕事を奪い合う未来が待ち構えています。
自分のスキルアップが出来る会社を選ぶ事が先決です。

20代で400万円代の年収なら、業界的には良い方です。
エンジニアの場合時間外手当、家族手当といった諸手当の待遇が厚い会社が多いので、自分の頑張り次第でそこそこの年収アップは見込めるはずです。

経験の長さが学歴よりも重要視されるのがエンジニアの世界の特徴です。

吹き出しイメージ

40代で独立して開業出来る様に、まずはスキルを磨く事を念頭に置いて考えましょう。

エンジニアの仕事以外に、ゲームやアニメのデザイン会社で働いていた、原画や塗りといったビジュアル系の仕事も得意という幅広い職務経験も買われる場合があります。

エンジニア業界は広く深くが生き残る術ですから、高い給料を狙うならやはり自分のスペックを高める必要があるでしょう。

アプリの開発には数人でチームを組んで取り組みますから、どうしても人間関係で軋轢が出る場合があります。

給料面以外でメンタルヘルスケアに重点を置き、時差出勤や社内スポーツ活動支援制度がある会社を選ぶのも選択のひとつです。

時差出勤 社内スポーツ