MENU

アプリ開発を目指す人への必見のアドバイス!

アプリ開発に必要な環境とは

アプリ開発に必要な環境

最近では、ネットワーカーの発注で企業から個人にアプリ開発の仕事依頼が受けられるようになりました。
スマホユーザーの増加に伴い、アプリ開発も激化して内容も多様化が求められています。

そんな中iPhoneアプリ・Androidアプリの両方を作れるのは開発者としてもはや当然のスキルといえるでしょう。
今回は、Androidアプリを開発する上で必要な環境設定と開発のメリットについてご紹介します。

開発環境

アンドロイドアプリの動作環境

まずはアンドロイドアプリを作るために必要な基本をご紹介しましょう。
アンドロイドアプリはJAVAで書かれています。そのため、アンドロイドアプリを開発するためには「JAVAアプリケーション」の開発環境が必須となります。

javaはパソコンでシステムの設計・開発者の間では一般言語なので言うまでもありませんが、念のため検索してみたところ、Eclipseという開発環境にアンドロイド用開発ソフトをインストールすることでアンドロイドアプリ開発が可能になります。

EclipseのプラグインはGoogleで簡単にインストールできるのでやってみて下さい。最も有名なアプリ開発ツールといえば、AndroidSDKでしょう。これさえインストールしてしまえば、自動的にEclipseが一緒に入ってくるので簡単です。まずは環境的にはこれは絶対に必要です。

アンドロイドアプリ開発のメリット

iPhoneアプリを開発する場合、OSはMacのみですが、AndroidSDKとEclipseをインストールしてしまえば、開発ツールとしてはバッチリです。

しかし現在では開発ツールがどんどん研究されていて「アプリを作るための専門アプリ」等も売り出されています。
制作者にとっては、まさに一攫千金を狙うチャンスかも知れません。

開発ツール

プログラムと聞いて「ビクッ」と来る初心者にとっては、アンドロイドアプリ開発は環境設定や言語も比較的容易に入れるでしょう。

「開発」という響きだけで敬遠していた方にも是非おすすめしたい仕事です。
プログラミング言語は突き詰めると1と0だけの集まりです。いわゆる「機械語」は全てこの法則が当てはまります。
これは初めて見る方には一見韓国語のように見えるかもしれませんが、覚えてしまえば少しずつ仕事の幅が広がります。
アプリ開発でメシを食う!と言う場合は「Objective-C」「Xcode」までは覚えておくと良いでしょう。